カンジダに効く薬は複数あり、患者との相性によって選択されます。その中でもカーネステンは非常にオススメの治療薬になっています。

若い女性たちと薬
  • ホーム
  • HPVウイルスが原因の尖圭コンジローマ

HPVウイルスが原因の尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス(HPV)が原因となって発症する性感染症の一種です。
このHPVが皮膚や粘膜の小さな傷から侵入して、3週間から数ヶ月後に性器周辺にイボ状良性腫瘍が発生します。
性器や肛門周辺に鶏の鶏冠、もしくは乳頭のようなイボができることが特徴です。
性行為によって感染しますが、オーラルセックスやアナルセックスなどによっても感染します。
HPVは80種類以上が知られていますが、尖圭コンジローマの原因となるのは主にHPV6型とHPV11型であり、時にHPV16型の感染が原因で発症します。

尖圭コンジローマの感染を放置すると、上で説明したイボのような良性腫瘍が大きくなって数も増えていきます。
尖圭コンジローマは良性腫瘍であることから自然治癒することもあります。
しかし、時に癌に移行することもあるため注意が必要です。
特に、HPVのうち16・52・58・18型などに女性が感染すると子宮頸部に感染し子宮頸癌の原因となると考えられています。

尖圭コンジローマの代表的な症状であるイボには基本的に痛みはありません。
男性の場合、性器を直接みる機会が多いことから、感染したことを発見することが容易な傾向にあります。
女性の場合、性器を直接見る機会が少ないことから、感染したことを発見することが遅れ、イボが大きくなった状態で発見される場合が多いです。
歩行時などに下着で擦れてイボに傷がつき、排尿痛などが発生する場合もあります。
男女ともに自覚症状が少ない性感染症であることをしっかりと認識しておくことが大切です。

尖圭コンジローマの治療には外科的な治療と薬剤を用いた治療があります。
尖圭コンジローマのイボ自体は外科的な治療によって取り除くことはできますが、ウイルスまで完全に取り去ることは困難です。
尖圭コンジローマの原因となるウイルスは完全に取り除くことが難しいことから再発することも多い性感染症です。
そのため、長い目でしっかりと治療にあたる必要があります。

尖圭コンジローマの治療薬

尖圭コンジローマの治療薬として活用されている代表的な薬はベセルナクリームです。
尖圭コンジローマの第一選択薬として活用されています。
最近は、ベセルナクリームを通販で買うことができるようになったため、尖圭コンジローマに悩んでいる人は密かに治療することが可能です。
ベセルナクリームはクリームを塗った箇所に少しづつウイルスに対する免疫ができるようになり、その結果として尖圭コンジローマの原因となっているHPVを追い出すことができます。

このようなベセルナクリームの効果はイミキモドによる効果です。
主成分であるイミキモドは、ウイルスの増殖を抑えることによって症状が広がるのを食い止めることができます。
ベセルナクリームにはイミキアドクリームというジェネリック医薬品があります。
ジェネリック医薬品であるあイミキアドクリームは、ベセルナクリームとほとんど同等の効果を得ることができます。
かつベセルナクリームよりも安価に購入することができるため、購入費用が負担になりにくいというメリットがあります。

治療を行ったことによって、尖圭コンジローマの代表的な症状であるイボが消失した場合でも、一定期間治療を続けることが大切です。
イボがなくなったとしても、尖圭コンジローマの原因となっているHPVがまだ残っている場合があるからです。
決められた時間に塗るなど、用法用量を守って使用するようにすることが大切です。
ベセルナクリームは副作用も少ない薬ですが膣内部などに使用することはできないなど、注意事項を守ることが大切です。
注意事項を守らないと思わぬ副作用が生じる場合があります。

ベセルナクリームの副作用としては、発赤・爛れ・むくみ・肌荒れ・かゆみなどの症状があらわれる場合があります。
ベセルナクリームを使用していて違和感を感じた場合には使用を注意し、医師や薬剤師に相談することが大切です。