カンジダに効く薬は複数あり、患者との相性によって選択されます。その中でもカーネステンは非常にオススメの治療薬になっています。

若い女性たちと薬
  • ホーム
  • 梅毒は20代女性が増加している?

梅毒は20代女性が増加している?

大昔においては一度感染したら治らないと認知されていた梅毒ですが、治療法が確立されてからは患者も激減し過去のものと考えられていました。
しかし、最近になって患者数が増加し20代の女性で感染しているケースが多くなって来ています。
爆発的に増加した原因としては性産業に従事する女性が感染した客から貰ってしまい、感染に気付かないまま拡大をさせているのではないかと考えられています。

どのような病気かというと、梅毒トレポネーマという細菌による全身性の疾患であり、キスや性交渉といった粘膜に接触をすることによって感染するものです。
最初の症状は感染後約3週間ほどで現れ、感染した部位、口腔内や性器などにしこりや潰瘍が出来ます。
また鼠径部のリンパ節が腫れることもあります。
この症状が消失した後数ヶ月ほどで血液に乗った病原菌が全身に回り、バラ疹と呼ばれる発疹が全身に現れます。
この時期は人に感染させやすいため、感染に気付かないで誰かと性交渉を行った場合感染させるリスクが非常に高いです。

しこりや潰瘍、バラ疹などの症状を見逃して数年間放置しておくと、今度は皮膚や筋肉、骨などにゴム腫と呼ばれる腫瘍が現れます。
心臓や血管、脳などの主要な臓器が障害され、この段階になっても受診を怠れば死に至る可能性もあるのです。
しかしどの段階でも治療を受ければ完治を目指すことは可能であるため、命を落とすようなこともありません。

梅毒の治療はペニシリン系の治療薬を投与することによって行われ、これは早い段階であればあるほど完治が早いです。
投薬治療にはサワシリンやサワシリンのジェネリック医薬品であるノバモックスが使われます。
投薬の期間は段階ごとに異なり、医師の指導の下服薬管理が行われることになります。
きちんと検査をしないと完治したかどうかの判断が出来ませんので必ず医師の指示に従いましょう。

治療をすれば治るものではありますが、だからと言って感染したら病院に行けば良いという考えではいけません。
梅毒に気付かず放置した状態で妊娠をすると、生まれてくる子供にも影響を与えてしまいます。
再感染を防ぐためにはオーラルセックスであってもコンドームを着用したり、性交渉の相手は一人に限定するなどして予防を心がける必要があります。

この病気は症状が無くても自然治癒はせず静かに悪化していくものです。
病気に感染しないように予防を心がけることと、おかしな症状が出たら自己判断で解決せずにすぐに受診をして検査を受けるようにしましょう。
また、パートナーがいる人は自分だけ治療を開始するのではなくパートナーと一緒に検査をして治療を開始するようにしましょう。

梅毒の治療薬

今、梅毒の症状で悩む女性の中でも特に増加しているのは年代は20代だとされています。
性の知識が不十分なまま性行為を行ってしまうことが梅毒に感染する大きな原因となっているので注意が必要です。
知識があれば簡単に予防ができる病気なので、かからないようにする対策をしましょう。
大昔は治療できないとされていたので多くの死者を出しましたが、現代は治療薬の開発が行われており、治療が行えるようになりました。

まず梅毒の症状を簡単に知りましょう。
初めは感染箇所が固くなり、潰瘍ができます。
その次に潜伏期間を挟んで発疹が出るなどといったわかりやすい症状が出てきます。
そして再度潜伏期間を挟んだ後に晩期症状が出てしまい、最終的には神経梅毒となり命にかかわります。

梅毒は恐ろしい病気ですが、治療方法は簡単です。
それは治療薬を飲むだけです。
ペニシリン系のサワシリンといった治療薬もあり、新薬よりも比較的安く入手することができるジェネリック医薬品も用意されています。
サワシリンは最近絵尾殺す作用を持つ薬です。

使用用途は梅毒のみならず気管支炎や咽頭炎といったように幅広い利用がされています。
梅毒の場合は一回1錠、一日に3回から4回ほどの服用が必要です。
1回服用すると薬の効果は4時間から6時間ほど継続します。

ノバモックスはサワシリンのジェネリック医薬品です。
細菌の増殖を抑えることかがあるため、感染症の治療に用いられる薬です。

他の治療薬よりも副作用が出にくいというメリットがあります。
さらに、服用することで再発を防ぐという効果も期待できます。
服用に関してはサワシリンと同様、1回1錠で1日に3回から4回の服用です。
正しく利用することが梅毒の治療に欠かせません。